資格は信頼の証

施術

増える活躍の場

スポーツなど激しい運動にはケガが付きものですし、日常生活を送っていても捻挫や脱臼になることがあります。また、加齢や仕事における腰痛や膝の痛みなど、身体の異常や故障は常に付きまとうと言ってもよいでしょう。そんなそれぞれの損傷に対し、薬品や外科手術をおこなわずに治療するのが柔道整復のお仕事です。柔道整復師は国家資格であり、業務独占資格でもありますので、仕事の幅は広く、あらゆるシーンでの活躍も豊富な資格となっています。整体師と勘違いする人も多いかもしれませんが、柔道整復師は国家資格であり、治療には保険が適用されます。資格は文科省の指定する学校または厚労省の指定する柔道整復師の養成学校で、三年以上履修する必要があります。資格試験そのものは合格率も高いため、難易度はさほど高くありませんが、学ぶ科目学科も多く、時間もかかるため、決して簡単とは言えません。また、学校別の合格率を見てみると、意外と大きな差がありますので、入学する学校を選ぶことも大切です。年配の方や主婦の方でも柔道整復師を目指す人は少なくありません。柔道整復師の求人は多く、働く場も多種多様です。開業する人も昔ほどではありませんが依然多く、最近はスポーツ分野での求人も目立ちます。また、リラクゼーションサロンやセラピーなどでも求人は増えています。有資格であることは採用されやすくなるのはもちろんのこと、給与面でも優遇されることが多いようです。

PICK UP

資格は信頼の証

施術

活躍の場が増えている柔道整復師ですが、養成学校などで履修の必要な国家資格となっています。難易度はさほど高くなく、年齢性別問わず目指す人がいます。合格後は外業する人も多く、最近ではスポーツ分野やサロンといったシーンでも仕事の幅が増えています。

詳しく見る

福祉系の資格を取れる場所

男女

通学だけではなく、忙しい方のために通信のコースまで用意してくれているのが日本メディカル福祉専門学校です。通信コースでは実習があったとしても、個別できちんと調整してくれるので、働きながらでも取得を目指せます。

詳しく見る

心を知る人

カウンセリング

心理学は古代から考えられてきた、歴史のある学問です。このことから心理学は、人びとの関心が高い問題の一つだと言えます。そんな心理の問題を専門とする人たちがいます。それが「臨床心理士」資格をもった人たちです。

詳しく見る

伝統的な治療技術を学ぶ

施術

柔道整復師は、伝統的な治療技術者として接骨院等の治療施設に勤務したり、自ら開業したりすることができる国家資格です。養成施設には大学・短大・専門学校があり、学習期間も3年と4年の2種類があります。それぞれの特性を理解し、自分に合った学校を選ぶことが重要です。

詳しく見る